HOME > お悩み相談

お悩み相談 仮住まいのこと、ローンのこと...家づくりに関する不安を解消します。


  ★住宅建築にかかるお金や、坪単価、税金、諸費用等に関しては、「Q&A」のページでご案内しています。>>>

お悩み相談 (仮住まいやローンについて)

建築中の住まいが心配。

仮住まいに関しましては、当社敷地内にご用意しています(1棟)。

住宅ローンの審査がよくかわからない。

【金融機関による、一般的な住宅ローンの審査基準】

クレジット状況 個信データより、過去のローン・クレジット・キャッシングなどの遅延について、および現在のローン状況、審査、クレジットカード保有枚数等を審査します。

※クレジットカードは多くの枚数を所有していると好ましくありません。これはカード1枚ごとのローン・キャッシング枠を最大に考えて、本来の借入れ可能最高額から最後にその枠分(枚数分)を引いて計算されるからです。
自営か
会社員か
自営業か会社員かを分類分けします。会社自体の規模や経営状況まで審査対象となりますが、一般的に自営業の方は会社員の方に比べて不安定とみなされることが多いです。
家族等 勤続年数、年収、勤務先(業種・部署等)家族構成、現在のお住まいの状況等を審査します。
年収 年収を参考とし、頭金・借入額より返済比率を判断します。
基本的な条件として、安定した収入の見込があり、かつ「毎月の返済額×4」以上の月収があることです。ただし、この審査対象となる住宅ローン以外に借入がある場合には、両方の借入金額を合わせ、さらにその借入金の年間返済額が借入者の年収に占める割合が、下記基準を満たさなければなりません。
年収 300万円未満 300万円以上
400万円未満
400万円以上
700万円未満
700万円以上
年間返済額が年収に占める割合 25%以下 30%以下 35%以下 40%以下
担保価値 上記条件に問題がなければ、担保価値を付加します。

上記を参考に3~5段階に評価付けして、合否または条件付き合格の結果が出ます。
また、返済期間が長い方が審査に通りやすくなります。これは、「返済負担率」が返済期間が長くなればそれだけ低くなるからです。

返済額シュミレーション計算

実際にどこまで借入可能なのか?簡単に試算できます。
【100万円あたりの毎月の返済(支払)額】

返済期間/
金利
15年 20年 25年 30年 35年
2.00% 6,435円 5,058円 4,238円 3,696円 3,312円
2.50% 6,667円 5,299円 4,486円 3,951円 3,574円
3.00% 6,905円 5,545円 4,742円 4,216円 3,848円
3.50% 7,148円 5,799円 5,006円 4,490円 4,132円
4.00% 7,396円 6,059円 5,278円 4,774円 4,427円

この表を元に、借入金予定希望額とそれに準じた毎月の返済額はいくらになるのか計算することができます。
【毎月の返済額】
100万円あたりの毎月返済額×借入総額÷100万円=毎月の返済額・・・(A)
【例】
年収500万円の方が3,000万円の30年ローンを組む場合】
※3%の長期固定金利とし、ボーナス払いは無しとします。 4,216円×3,000万円÷100万円=126,480円・・・(A)毎月の返済額
ローンが組めるかどうかの判断は、年間支払額を計算します。
(A:毎月の返済額)×12ヶ月=1,517,760円・・・(B)年間の返済額

(B:年間の返済額)<(C:年収に占める割合による年間返済額基準)
となっていなければなりません。
この例ですと、年収400万円以上700万円未満なので、年収の35%以下の年間返済額ならOK。
年収額500万円×35%=1,750,000・・・(C)
(B)1,517,760円<(C)1,750,000なので、この方はローン審査基準をひとつ満たしたことになります。

住宅ローンの諸費用は?
住宅ローンを借り入れるときは、様々な手数料が必要になります。その分を諸費用としてあらかじめ準備しなければなりません。
金融機関によってかかる費用は異なりますので、はじめに確認しておくことが大切です。
融資事務手数料 お金を借りる金融機関に支払う事務手数料
保証料 保証人を立てる代わりに保証会社に保証人になってもらうための費用
(都市銀行の場合、借入額2,000万円・返済期間30年で約38万円)
保証事務手数料 保証会社に支払う事務手数料
印紙代 金銭消費貸借契約書(ローン契約書)に必要
(借入額1,000万円超5,000万円以下の場合2万円)
団体信用生命保険料 借りた人が万が一死亡したり高度障害になった場合、残りの住宅ローンを返済する保険
加入できることが、借入の条件になっていることが多い。
(一般に金融機関では金利に含まれることが多い、住宅金融支援機構のフラット35は別途保険料が必要)
火災保険料 1.建物に火災など不足の事態が起こったとき、建物の価格を維持するための修理費等にあてるため加入するもの。
 また、地震に備え、併せて地震保険に加入すると安心。
2.加入が借入の条件になることが多い。
フラット35とは?

民間金融機関と住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が提携したタイプの住宅ローンです。特徴としては、

  • 最長35年長期固定金利を選べる安心な住宅ローン
  • 住宅ローンで必要となる保証料・繰上返済手数料が0円
  • 保証人不要
  • 返済条件の変更を行う手続きの際にも手数料は不要
  • 団体信用生命保険、3大疾病保証付機構団体信用生命保険の加入権(任意)で安心サポート
  • また、同じ「フラット35」という商品名でも、取引金融機関によって金利や手数料が異なったり、サービス内容が違ったりするので、選ぶ際には目先の「金利」だけではなく、総支払額や自分たちに合ったものを選びましょう。
    また、財形貯蓄を行っている方がご利用できる「財形住宅融資」(5年固定金利制住宅ローン)と、フラット35の併用もできます。

     ★「フラット35」Sに関しては、「乗松の住宅お得情報」のページでご案内しています。>>>

     ★住宅建築にかかるお金や、坪単価、税金、諸費用等に関しては、「Q&A」のページでご案内しています。>>>

    資料請求・お問い合わせはこちら

    ↑ このページの先頭へ
    ■乗松建設 会社情報  || ご挨拶 ||   || 企業理念 ||   || 会社概要 ||   || 土木部門 ||   || 建築部門 ||   || 採用情報 ||  || お問合せ ||
    ■乗松建設のこだわり | 天竜産材 | ローコスト | ベタ基礎 | 注文住宅 | 愛のある住まい造り
    ■安心の家づくり | 地盤調査 | 基礎 | 檜 ムク材 | 耐震工法 | オール電化 | 耐久瓦 | 建物完成引渡保証制度 | あんしん住宅瑕疵保険 | 地盤調査保証 | 耐震等級3 | 劣化対策等級3
    ■充実の設備仕様 | システムバス | システムキッチン | 洗面化粧台 | トイレ
    ■家ができるまで ■お悩み相談 | 仮住まい | 住宅ローン  ■Q&A (FAQ)  | 家づくりにかかるお金・諸費用 | 坪単価 | 各種税金
    ■保証とメンテナンス | 10年保証 | アフターサービス定期検査 | 維持管理等級3 | 各種補助金 ■リフォーム ■施工事例